無料トライアル31日&新作1本無料!
>>U-NEXT

映画『シン・ゴジラ』

ジャンル: 邦画
5.0 5.03件の口コミがあります

「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明による新しい「ゴジラ」ストーリーが誕生

「シンゴジラ」はザックリ言うと、2足歩行型ラミエルを超兵器無しで殲滅するお話です。

『シン・ゴジラ』は封切りまで伏せられていた情報が多かったので、劇場で見た時の驚きが多かったです。

特にゴジラの第二形態、俗に言う蒲田くんは衝撃的でした。事前に公開されていたのは第四形態だけだったので、完全に未知の存在なわけです。最初はゴジラではなく別の怪獣なのかと思いました。

ゴジラが最初に熱線を吐くシーンも素晴らしかったです。まず最初に火炎を吐き出し、それが収束していって細い熱線となり東京の街を焼き尽くすわけです。背中と尻尾からも熱線を出したのにはびっくりしました。
 
映画『シン・ゴジラ』写真4

※見放題コンテンツ
>>U-NEXT
>>TSUTAYA TV
>>music.jp

いずれも無料トライアル30日以上&新作が無料で見れる特典付き!/スマホやタブレット等マルチデバイス対応

※ページの情報は2020年12月時点のものです。配信状況は契約の都合上で変化します。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

ほかのVODで探す

【お試し期間あり。(注※)作品の配信状況を確認したものではありません。サービスの詳細内容は、各公式ページにてご確認ください。】

映画『シン・ゴジラ』作品紹介

「シンゴジラ」これはずるい。開始数分であぁこれは最高だ!と映画館で言ってしまいそうだった。あのグロテスクなゴジラもずるい。インパクトがすごすぎる。それに加えてあの早口と画面上に現れるあの文字。

シンゴジラは、エヴァファンにはたまらないんじゃないだろうか。いくら監督が庵野さんだとは言え、あまりエヴァエヴァ言っては駄目だと思ったが、シンゴジラはエヴァだ。エヴァがあり、あれが評価されているからこそこのシンゴジラもこうして愛される作品なのだろうか。

それともなんの実績もなかった無名監督が、シンゴジラを作っても同じように評価されただろうか。後者だとしたらおそらく初日動員数は少ないが結果として、後々語り継がれる映画になるだろう。

シンゴジラは見てる側に理解させようとしてない小難しさもいい。学者が閃いても凡人にはなんのことかさっぱりだ。分かるのは無人在来線爆弾くらいだ。あれは最高だった。声に出して読みたいものを作るのが彼は上手だと思う。

シンゴジラ第二形態「蒲田くん」

映画館で「シンゴジラ」を見て以降、第二形態である「蒲田くん」に、かなり夢中になっています。あの表情、動き、全てが好みで、たまりません。

残念ながら日程の関係で映画館には1度しか行けませんでしたが、それ以降「蒲田くん」のグッズを買うのがひそかな楽しみです。もちろん、「シン・ゴジラ」は映画自体も非常に魅力的なものでした。

もしも実際にシンゴジラが日本に登場したらこうなるのかも、と思える生々しさがあり、それほど救いがなく、とても怖いと感じました。しかし、それでも、何度も見たい!と思える映画です。

怪獣映画が好きなだけではなく、シリアスな映画が好きなかたにも楽しめる作品だと思います。かなりおすすめの映画です。

シンゴジラ 主な感想

シンゴジラですが、個人的には好きな作品です。予告編の所々にもう一体怪獣が出てきてシンゴジラとたたかうのではと思わせるような騙しがあってそこも評価するべき点だと思いまいた。

映画を実際に見て思ったのですが、シンゴジラ第二形態、通称鎌田くんの登場シーンですが度肝を抜かれた人が多かったのではないかと思います。

「ナニコレ?シンゴジラの敵?」と思っていたらなんか進化するし、海に帰ったら見たことのあるシンゴジラになって帰ってくるしとてんやわんやだったと思います。

昨今の怪獣映画ですが主役の怪獣と敵役の怪獣が出てきて闘うのが主流になってきていますがこの作品は人間VSシンゴジラという構図を架空の兵器などを登場させずにうまい具合に描けていたと思います。


シンゴジラ動画の評価レビュー

昨年、一部で話題となった作品「シン・ゴジラ」。様々な面で先鋭的な作風を見せた本作品の特徴を挙げるときりがありませんが、私が特に印象に残ったのは政治、環境、地形など、現実の日本に極めて近い世界観に、ゴジラという現実からはかけ離れた存在を投入することによって生まれた物語のリアリティです。

冒頭にゴジラが出現した時の政府の対応や、ゴジラの存在による環境の異常が発生した時の民間人の反応が、まさに現代日本で普遍化しているようなもので大変リアリティを感じました。

反面、街中にあらわれたゴジラの存在は、例えるならアメリカに大型台風がぶつかったニュースを見ているような、どこか他人事のような印象でした。しかし、舞台設定が極めて現実に近いことで、「自分が住んでいる場所よりも遠くで起こっている災害を見ているような気持ち」をとてもリアルに感じました。

それにより、いつの間にか他の作品よりもより深く物語にのめり込み、感情移入をしている自分がいました。映画を見ていて、東京に住んでいる友人の安否が心配になってくるような体験は、後にも先にもこれ以外はないと思います。


シンゴジラ動画ネタバレ

シンゴジラは、ネタバレ関係でも、話題性が未だに大きいと感じます。政治的な絡みや核問題等、現代社会が抱える問題点が詰まった作品だと言えますね。

ここで監督が伝えたい事とは、人間の無力さと矛盾になるのではないでしょうか?自ら構築した利便性や利益にのみを追求した結果が、最悪を想定しながらも無視し続ける愚かな人類を表現している気がします。

残念ながら、現実に震災や犯罪での罪のない人の被害は出ています。同じ間違いを起こさない為に、今日からやるべき事があるはずです!そんなメッセージを感じ取れる大事なシンゴジラですね。

出来れば学校等で放映して、生徒各自の感想を聞いても良いと思います。単純に怖いからでも、そこに込められている真実を指導者達(先生等)が伝える事が出来ればOKな気がしますよ!


シンゴジラ動画まとめ

「シン・ゴジラ」は非常に斬新な作品です。

シンゴジラのどのへんが斬新かというと、「日本人の危機への対処方法」が、現実に即して描かれている点です。この映画「シンゴジラ」の最も特徴的な、長ったらしい専門用語を並べ立てる「会議」のシーンでは、日本人特有の、なるべく穏便に、スマートに事を運ぼうとする「根回し」の工夫が人物の行動の随所に見られます。

欧米の自己主張をそれぞれの立場からぶつけあって議論し最適解を出すやり方から見れば一見非効率に見えますが、各部署、担当の人々のコンセンサスを予め取り、意見や思想が一致したところで一気に力を合わせて行動に移す、というやり方は実に日本人的であり、事実、日本人はこのやり方で世界一の経済国家に成り上がりました。

この会議のシーンは、海外の人からみれんば不思議に思えるそうですが、今後、この「日本流」を海外でも取り入れて成功するような人が出てくるかもしれません。

シンゴジラも迫力があり、ハリウッド版と比べたら面白さが倍くらい違ったと思います。ただ、かなり日本の文化というか日本人にしかわからない言葉や事象が出てきていたので、海外の人には面白さが伝わらないだろうなと思いました。

実際にアメリカでは劇場に数名ほどしかお客さんがいませんでした。ただ、色々と無理なシナリオもあって、特にシンゴジラの口の中に凝固液体を流し込むところなどは、あの態勢では絶対お腹までたどり着いてないだろうな、などと思い笑ってしまいました。

総合してなかなかよくできたエンターテイメント映画だと思います。飛行機の中でも放映されていましたが、首相の乗ったヘリが撃ち落とされるところなど大事なところがカットされていて残念でした。私が一番興奮したのは、「在来線爆弾」ですね。感動しました。この言葉は今でも頭に残っています。

このシンゴジラの続きがあるなら是非とも見てみたいです。

シンゴジラ関連過去記事
シンゴジラ アニメ映画に!?シンゴジラのあとは「GODZILLA」2017年全国公開!

シンゴジラ 【海外の反応】シンゴジラの感想【生放送】

シンゴジラ 第7回ロケーション大賞ノミネート発表!シンゴジラなど

シンゴジラ 藁で作ったシンゴジラのクオリティがスゴすぎる!

シンゴジラ動画 藁で制作のシンゴジラ⇒日本工業大学の火災事故でLED電飾を中止

シンゴジラ動画 【シンゴジラ】「凍結された」藁で作られたシンゴジラカカシ、神宮外苑で火事で点灯中止

シンゴジラ動画 庵野秀明、映画「シンゴジラ」の完成報告会見でエヴァファンに謝罪?「次を考えず完全燃焼した為」

シンゴジラ動画 シンゴジラの行動ルートに関する考察

シンゴジラ動画 シンゴジラのエキストラ撮影時に配られた「蒲田文書」が熱い

シンゴジラ動画 大ヒット映画「シンゴジラ」を見た人が語りたくなる理由

長谷川博己【シンゴジラ】で感じる成長物語「これは問題作になる」(オリコン)

シンゴジラ動画 「シン・ゴジラ」も動画配信開始されたし、自宅の動画視聴環境を手軽にアップデートしてみません?

シンゴジラ動画 逃げるのか、立ち向かうのか!?『シン・ゴジラ』

シンゴジラ動画 ファンと衝撃を共有したからこそ生まれた「シン・ゴジラ」ソフビ(バンダイ商品企画担当)

動画見放題

サイト内を検索

初回31日無料