無料トライアル31日&新作1本無料!
>>U-NEXT

映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』

ジャンル: 邦画
0.0 0.00件の口コミがあります

high&low the red rain 動画 フル 無料

high&low THE RED rain(ハイアンドロー レッドレイン)の動画フル無料視聴についてはページ下部を御覧ください。
 
>>U-NEXT
>>TSUTAYA TV
>>music.jp

いずれも無料トライアル30日以上&新作が無料で見れる特典付き!/スマホやタブレット等マルチデバイス対応

※ページの情報は2020年12月時点のものです。配信状況は契約の都合上で変化します。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

ほかのVODで探す

【お試し期間あり。(注※)作品の配信状況を確認したものではありません。サービスの詳細内容は、各公式ページにてご確認ください。】

high&low the red rain 作品解説

この映画では、雨宮兄弟というある3人兄弟の過去から現在までを描いています。

雨宮兄弟は、長男尊龍役を斎藤工、次男雅紀役をTAKAHIRO、三男広斗役を登坂広臣が演じています。まず、主役の3人がイケメンで、それだけで目が癒されました。また、幾つかの名言があるのですが、その中で私が一番心に残っているのが、尊龍がある少女に言った「壁だと思え」という言葉です。

その少女はある組織に父親を殺され、尊龍もその組織に両親を殺されて、同じ境遇でした。尊龍はその組織の重要な情報を手に入れるため、潜入していたときに、たまたまその少女と出会いました。

行き場のない少女を自宅にかくまったのですが、幼い頃に母親を亡くしていた少女は、たった一人の肉親だった父親を奪われ、とても悲しかったのです。しかし、いくらかくまってくれたとはいえ、初対面の人の前で泣くのは嫌です。だから少女は尊龍がいないときに泣いていたのですが、そこに尊龍が帰宅しました。少女は強がりますが、尊龍には少女の気持ちがよくわかります。

だから尊龍は自分の胸を貸そうとしましたが、少女は拒否しました。知らない男のひとに突然ハグをされたら、誰でもそうなります。そこで尊龍は「壁だと思え」というのです。ここで号泣してしまいました。

動画見放題

サイト内を検索

初回31日無料