映画『GANTZ:O (ガンツオー)』 ()
by 映画・テレビ番組の動画配信情報局


[]
[ジャンル] 邦画、アニメ映画

さとうけいいちのCGアニメーション新作

高校生の加藤勝は地下鉄での事件で命を落とした。

しかし黒い謎の球体“GANTZ”は、加藤をはじめ死んだはずの人間らを呼び出すと、“星人”と呼ばれる異形の敵との戦いを強いる。

戦いの舞台は、大阪・道頓堀。そこは妖怪型の星人軍団であふれかり、阿鼻叫喚の地獄絵図と化していた。

生きて帰るには、凶悪な星人軍団をすべて倒すしかない。次々と仲間たちが散っていく中、加藤は、たったひとりの家族である弟のもとへ還るため、壮絶な戦いに挑む……!
[配信先] >>U-NEXT
>>TSUTAYA TV
>>music.jp

いずれも無料トライアル30日以上&新作が無料で見れる特典付き!/スマホやタブレット等マルチデバイス対応

※ページの情報は2020年12月時点のものです。配信状況は契約の都合上で変化します。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

ほかのVODで探す

【お試し期間あり。(注※)作品の配信状況を確認したものではありません。サービスの詳細内容は、各公式ページにてご確認ください。】

ネタバレ解説

クロノ君とおっさん、レイカがGANTZによって召喚され、異次元空間で宇宙人と対決。

⇒レイカを助けようとしてクロノ君死亡

(シーン切り替わり)

加藤君、通り魔を止めようとして電車の待合で刺されて死亡。

GANTZの家に呼び出される。

そこには、西君含め、クロノ君を失ったレイカ、おっさんらメンバーも。

おっさんから説明を受ける加藤君。

そうしている間にGANTZ起動、ぬらりひょんを倒すミッション開始。

異次元空間に転送された加藤君たち。

最初の標的は顔ナシの妖怪。今回は大阪で妖怪の姿をした宇宙人を倒すミッション。

歩を進めると、ほかのガンツチームを見つける。彼らはオオサカチームで、加藤君はそのメンバーの一人、杏と出会う。

序盤はこんな感じで、基本原作通りに進んでいきます。

加藤君が相変わらず熱くて、記憶を失って初めての体験にも拘わらず、勇敢にバトルに参加していきます。そんな姿をみて杏は一目ぼれ。

杏ちゃん、子持ちとは思えないくらいウェストが細いです(´ー`)

作品感想

GANTZはヤングジャンプ連載の終盤から読んでいましたが、序盤から大阪編あたりまでが特に面白かったです。独特の世界観と登場する可愛い女の子たち、そして主人公玄野が冴えない高校生からかつての小学生の頃のように自信を取り戻していきGANTZの中で主役になっていく様は応援したくなります。

大阪編まで終わったら今度は物語の終極に向かっていくのですが、この辺からは少し内容が難しくなります。ですがここまで続いたGANTZのエンディングは気になりますよね。GANTZに巻き込まれた人間の果てと人類の存亡がかかった戦いが始まっていくのです。

実写映画も観たのですが、一作目は面白かったです。もちろんGANTZの世界観を実写で全て再現するのは無理がありますが、実写でできる範囲の仕上がりになっていました。

Copyright (C) 2021 映画・テレビ番組の動画配信情報局. All Rights Reserved.
https://e-dougafull.com/